ピースロード2017

【Peace road 2017 福島大会及び 自転車縦走に参加した感想】

福島教区 白河家庭教会 青年部 MT兄弟

今回Peace roadに出ようと思ったきっかけは、これからの自分の人生の糧になるかもしれない、やりたいこと思ったことはとことんチャレンジするべきだと思い走る決意をしました。
このPeace roadの良さは、食口、2世の人たちだけに限らず、さまざまな人が共感したり、同じ心境になれたりできることがすごいと思いました。
自分の知り合いで全く教会とは無縁の人ですが、自分が今回平和の為に走るんだと伝えた所、俺も今度は走らせてくれと頼まれたり、外国人の方なども動画や画像を見て素晴らしいとコメントしてくれたりなど、小さな事かもしれませんが、人の輪が確実に広がっていることを感じて感激しました。
これからPeace roadがつづく限り、また新たな世代、同じ気持ち、平和に対しての思いを持った人たちが手を取り続けて、朝鮮問題に限らず世界平和の架け橋の一つになる事だと信じています。
実際走ってみてすごく物足りなくて、あと10~20キロはあってもいいなとは思いましたが、いい経験になりました。ありがとうございました。
以上

今回Peace road 2017 in Japan に参加することができて嬉しく思います。Peace roadを通して、多文化交流を推進し平和のメッセージを世界に届けて、南北が一つになるために継続しようと努力している皆さんの思いを感じることができました。また自分にとっても良い思い出になりました。
以上

ピースロード2017年(引継ぎ式)

▲TOP